ゲームクリエイターになるには?求められる資質を知る!

具体的にゲームクリエイターになるにはどうすればよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここではそのような疑問が解消できるように具体的に説明していきます。

ゲームクリエイターの種類

ゲームの企画を作成するプランナー

多くの場合、ゲームの制作はまず企画書から始まります。この企画書を作成するゲームクリエイターがプランナーです。企画書を作成するゲームクリエイターになるにはプランナーを目指す必要があります。

脚本を執筆するシナリオライター

企画書に沿った脚本を執筆するのがシナリオライターです。脚本を担当するゲームクリエイターになるにはシナリオライターを目指す必要があります。

グラフィックデザイナー

キャラクターデザインを担当するゲームクリエイターになるには、グラフィックデザイナーを目指す必要があります。

ゲーム制作の全体を管理するプロデューサー

ゲーム制作全体の管理をするゲームクリエイターになるには、プロデューサーを目指す必要があります。

現場で指示を出すディレクター

現場のリーダーともいえるのがディレクターです。いわゆる現場監督的なゲームクリエイターになるには、ディレクターを目指す必要があります。

専門の学校に通う必要があります

ゲームする人

子供だけでなく、中高年や高齢者も家庭用ゲーム機、スマートフォンなどでゲームを楽しんでいる人が増えています。ゲームクリエイターの資格を持っている人は、ゲーム業界で働くことが出来ます。最新のゲーム機を開発したり、アプリ開発などの仕事をこなすことが出来ます。ゲームクリエイターになるには、専門の学校に通学をして、必要な技術や知識を身に付ける必要があります。

年齢を問わず入学が出来ます

ゲーム制作

ゲームクリエイターになるには、専門の学校に入学をして、必要な知識や技術を身に付ける必要があります。専門の学校は年齢を問わず入学が出来るので、高校や専門学校を卒業した人はもちろん、フリーターなども入学をすることが出来ます。希望の学校を見つけたら、電話やインターネットのWEB上で資料請求をしたり、問い合わせをすることが出来ます。数多くの学校が存在するので、口コミなどで評価の高い専門学校を選びましょう。

広告募集中